砂糖醤油味醂で「タレの素」を作り。

イカを焼いてかけて、煮詰めて
またタレの素に戻し、

またかけて、煮詰めて
またタレに戻す。

これを繰り返すと「焦がしタレ」ができる。

さっきのイカを刻んで
「焦がしタレ」でさらに煮詰める。

これでイカ焼きの風味の
「イカ焦がしタレ」が完成。

そう、イカ焼きを作るタレに、イカが必要。


ここまでしたこのタレでイカ焼きを作って
完成するのが・・・。




イカ焼き餃子!!!!

えーっと、6人前限定です。

伝説と言われてる理由は・・・。









めんどくさいから、滅多に作らない。(笑)

一番伝説なのは、オム餃子ですけどね。